確認しながらクリックを!

PCサポート

「作業の効率を良くすることはできないか…」
「制度が変わってしまったので、新たにソフトをインストールしなければならない…」
と、会社のパソコンに新しいソフトをインストールした後、身に覚えのないアイコンがデスクトップに増えていたなんていうことはありませんか?


・パソコンの状態をスキャンするよう促してきて、セキュリティソフトを購入させようとする〇〇Updater
・使用中のパソコンがウイルスに感染しているといって、ウイルス対策ソフトを購入させようとするソフト
…など、使用者の不安を煽り、ソフトを購入させようとする迷惑ソフト
★こちらについては以前、「警告:ドライバーの更新?【迷惑ソフト】」という記事に詳しく記載させていただきましたので併せてご覧ください。


・ウェブブラウザのツールバーがいつもと違う
・アイコンは出ていないが、アプリ欄やプログラム欄を見ると覚えのないものが表示されている
…と、見た目には少しの変化ですが、確実にプログラムがインストールされている場合もあります。


こういったプログラムは、インストールしたいソフトの「おまけ」「付録」として入り込んでしまうことが多いです。
上記のように、作業効率アップや制度に合わせてという理由で新しくソフトをインストールすることがあると思います。
その時に、「〇〇の機能を追加します」といったような文章とチェックボックスがあって、チェックを外さないとその機能がインストールされてしまうという仕組みになっています。

○○の機能を追加します

⇧このチェックを外します!


このように機能の追加を明言されている場合もありますが、全く勝手に機能を追加されてしまう場合もあります。
その時は、新しいソフトをインストールした確認と一緒にアプリ欄やプログラム欄におかしな名前のものが追加されていないか確認してみましょう。

隅々まで目を通しましょう!


迷惑ソフトがインストールされてしまうのも良くないですが、同じような仕組みでウイルスが侵入してしまう可能性もあります。
新しいソフトを導入する際には、信頼できる提供元やソフトウェアであるかよく判断して、インストール時にはさらに気を付けてインストールボタンを押すことが大切です。説明や規約をよく読んでからクリックボタンを押しましょう。

Archive

検索