インターネット閲覧中に警告メッセージが出たら

PCサポート

インターネットを使うなら絶対に覚えていてほしい内容です。

インターネットを見ていたら突然警告メッセージが出てきて、
びっくりしたことありませんか?

場合によっては警告音付きだったりして、
正直、心臓に悪いです。

↓こんな感じで画面の中央にドーン!と出てきます。

警告メッセージ

こんなのが急に表示されたら、不安になると思いますが
実際にシステムが壊れたり、ウイルスに感染しているわけではありません。
このような警告メッセージは他のパターンもありますが、

  • 「〇〇秒後に削除」
  • システムが「破損」「障害」している
  • ウイルスに感染した

などこちらが焦るような内容で煽ってきます。
次に「更新」など別のサイトに誘導したり、
どこかへ連絡するように指示してきます。
でも、パニックになって指示通りにしちゃだめですよ!
落ち着いてメッセージを見てみてください。
何か不自然なところがあるはずです。
例えば、メッセージの日本語が変とか、
連絡先が存在しないところだったりします。
上記の場合、よく見るとロゴマークが微妙に違います。
また、Windowsのシステムがもし壊れていても、
勝手に「〇〇秒後に削除」されることはありません。
こういう場合は「詐欺」なので、無視です。
手口はいわゆる特殊詐欺と一緒です。
相手をパニックにさせて罠に嵌めようとしているのです。
警告どおりにクリックしたり、連絡しなければ大丈夫。
ブラウザを終了させてしまいましょう。

【対処方法】

警告音が鳴っている場合は最初に音を消します。
(鳴ったままでも大丈夫ですが、気持ち的に落ち着きます)
画面右下の「スピーカー」をクリック
 ↓
音量をゼロにするか
左端のスピーカーに×がついているところをクリック

1.ブラウザの×を押す
上記の場合、右上の赤丸部分です

→押してもブラウザ画面が消えない・
消えてもまた同じメッセージが出る場合は2へ

2.タスクマネージャから終了させる 
問題のブラウザを選んで右下の
 「タスクの終了」をクリックする
*下の図だと「Microsoft Edge」を終了させます

*すぐに終了しない場合もあるので、
 落ち着いて何度か試してみてください。

【参考】タスクマネージャーの出し方
   どちらの方法でも大丈夫です
方法1:「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を同時に押して
    表示されたリストからタスクマネージャを選ぶ
方法2:タスクバー(下記)の黒い部分を右クリックし、
    表示されたリストから選ぶ

3.パソコンの再起動
   ①スタート画面から電源マークをクリックし、
  「再起動」を選ぶ

 *スタート画面が開かないときは↓

 ②パソコン本体の電源ボタンを長押しして
  強制的にシャットダウンさせ、再び電源を入れる

 注意:無理な再起動を繰り返すとパソコンの故障に
 つながる可能性がありますので最終手段です

もし、こんな警告メッセージが表示されても
落ち着いて対処すれば大丈夫です。
絶対に表示された別のサイトにアクセスしたり、
(自称)サポートセンターなどに連絡しないようにしましょう。
それ詐欺ですから!!

Archive

検索